ページトップへ

上野村農業協同組合 公式サイト

上野村農業協同組合小さな村から大きな笑顔

サイト内検索

十石みそ®についてご紹介いたします

ページタイトル部_下線
十石みそ(R)イメージ(大)

十石みそ(じゅっこくみそ)は、厳選した優良大豆と麦麹を原料に選び、昔ながらの手法で作られています。
添加物などは一切用いず、山深い上野村で1年間じっくりと熟成させた、天然醸造の麦味噌です。
山あいの上野村では米が作れないため、昭和初期頃までは長野県側から峠を越えて1日10石(約1,500kg)の米が馬で運ばれていました。 これに因んで、群馬県上野村と長野県南佐久郡佐久穂町の県境にある峠は「十石(じゅっこく)峠」という名が付されています。

十石みそ®商標登録証

米が出来ない村でしたから、昔の村民の主食は麦。 保存食として、また副食としてフル活用された中の1つが日本の伝統的な発酵食品である味噌だったのです。 私たちは、上野村に昔から伝わる醸造方法を用いて仕上げたこの味噌に峠の名前を頂いて『十石みそ』®と名付けました。

十石峠のある群馬県上野村地域で製造された麦みそ】として商標登録されている他、平成18年度には 農林水産省総合食料局長賞 を受賞し、現在は群馬県を代表する味噌として広く皆様に親しまれております。

十石みそ®製品群 十石みそ®上野村産大豆使用

十石みそ®ができるまで

ページタイトル部_下線
十石みその製造工程

普段はなかなか見ることのできない、十石みその製造工程をご紹介します。

原料の麦と大豆とは、それぞれ洗浄・浸漬・蒸煮の工程を経て、麦は麹菌と混合することによって麦麹に変身。大豆と混ぜ合わせて仕込み容器に移されます。限定品として上野村産大豆を原料に用いた製品もございます

仕込まれた十石みそ®は、このあと上野村のキレイな空気の中で一年以上じっくりと熟成させてからパッケージングされてみなさまのお手元へお届けされます。

十石みそ®の製造工程はpdfファイルをご用意してあります。ダウンロードしてご覧ください。
製造工程pdfファイルダウンロード

十石みそ®関連商品

ページタイトル部_下線

上野村農協では「十石みそ」だけでなく、十石みその風味を生かした、様々な商品を製造・販売しております(商品ラインナップ)。
どの商品も、それぞれ特徴があり、とても美味しいものばかりです。上野村内のほか、群馬県内のA-COOPや一部ベイシア店舗にてお買い求めいただけます。遠方の方は、村営の通信販売サイト十石市場もご利用いただけます。ぜひご賞味ください

※本製品は天然醸造の為、製造した時期や樽によって、色や風味に若干の差が出ますので予めご了承ください。